来年度についての保育園面談

先日書き込みしました保育園での面談を本日、妻が行ってきました。

内容としては、来年度2人のクラスをどうするか?という事がメインのようですが、一部発達の事も話があるようでした。

結果から書くと(妻からlineでの返事)長男は言葉の発達・次男は軽度の発達障害(多動)があるかもしれないとの事です。

まあ、ビックリはしませんでしたね。正直グレーな部分を親が見抜いていましたから・・・。

しかし、いざ現実となるとショックはあるもので、これからどうしていくのが良いかを考えていかなければいけません。

長男は次男に影響を受けて(真似している)調子に乗っている場合があるので、そこは問題にはなっていない感じです。

 

多動性のある子供の事を調べてある意味トレーニングをしないといけません。

実際何もしていない事が多いので・・・。

 

ちなみに先日からの書き込みからは1転し、夫婦ともに来年度はクラスは別々にし、一緒にいなくても環境に適応できるようにしたいと考えなおしました。

先程書いた、長男は次男の真似をする事や、2人共が調子に乗ってしまう。といったところを少しでも改善させなくてはいけません。

本音はあと1年一緒という考えでしたが、2人の成長の為には早いうちから引き離すのが良いというのが最終結論となりました。

園長先生と妻との話合いでどこまで話をしているかは、まだ確認していませんが、今日仕事から帰ってからその辺りを確認したいと思います。

慣れるまで、二人共が微妙な感じになるとは思いますが、なるべくスムーズに登園できればと思います。

コメント

トップへ戻る