2019 NBAファイナル シーズンアワードノミネート補足

先日、NBAファイナル出場チームが決まりました。

ウエストは予想通りウォリアーズ

イーストの勝者はなんとラプターズとなりました。

バックスが圧勝すると考えていたので、これは予想外。

しかし、レナードの活躍が際立っていましたね。

カンファレンスファイナルでは過去の試合で見たレブロン級の大活躍。

一人で疲弊していたが、鬼気迫るものを感じました。

冷静に考えると、昨年も良い所まで行っていたチームにデローザンとトレードでこのチームに加わったのだから、戦力としてはアップしている計算になります。

個人的にはラウリーの勝負弱さ(プレイオフイップス)があるので、負けるだろうと思っていましたが、レナードにより払拭していたようですね。

これはトレードでスパーズに行ったデローザンが可哀そうな気もしますが。

昨年もレブロンがいなければもっと良い所まで行けていたと思います。

レブロンにいつも負かされたいたラプターズなので、LA移籍後のトロント市民の盛り上がりも分かる気がします。

とりあえずラプターズおめでとうと言いたいです。

 

話は変わりバックス。

ヤニスの活躍と他のメンバーもなかなか良かったので、勝ち上がるであろうと思いましたが、なんと2連勝のあとの4連敗。

これは話になりません。

レナードにやられていました。

それプラス、なんとなく昨年までのラプターズと同じ印象を受けました

大勝負に弱すぎる・・・。

特に感じたのが、勝負所でのヤニスのプレイぶり。

自分で中央に切り込んでディフェンスに固められたら外に出さず、自滅というようなパターンが多く感じ、これじゃあいかんなと思うことが度々ありました。

最大点差2桁あるときでも、なんとなく逆転され、そのままずるずるといってしまい逆転負け。

前半の勢いはどこへ行ったのやらという感じでした。

バックスには今回の経験を糧にし、来シーズン頑張ってほしいです。

 

話はファイナルへ。

おそらくですが、ウォリアーズがスウィープで勝利すると思います。

悪くて4-1でしょう。

けが人が多くいますが、総合力の高さとレナードを抑える事ができる選手としてウォリアーズには3名(グリーン・イグダラ・クレイ)がいます。

イグダラは怪我がありますが、出場すればレナードにとっては脅威でしょう。

自分としてはグリーンをレナードにつけてどのようになるか見てみたいです。

ただ、今回については、レナードを疲れて疲れて疲れさせて、結果、ウォリアーズの優勝だと思います。

 

ファイナルMVPはドレイモンド・グリーンかステフィン・カリーでしょう。

個人的にはカリーに取ってほしいのですが、ディフェンスとチーム貢献度として、グリーンになるような気がしています。

※対戦ゲーム数にもよりますが、デュラントがいなければ、全ての試合においてトリプルダブルという偉業も成し遂げてしまうかもしれません。

あと数日でファイナルが始まります。

個人的に仕事が休みの時の放送が1回しかなさそうなので残念ですが、コソっと仕事中に見たいと思います。

 

補足:シーズンアワードについて

個人的にシックスマンはデリック・ローズになってほしかったのですが、出場試合数が少なく、ノミネートさえされていなかったようです。

残念です。

ただ、他のノミネートには発表前に自分がしていた個人予想のメンバーがほぼ入っており、ほぼ当たりそうな気がします。

注目はヤニスがシーズンMVPを受賞するか?ハーデンが2年連続受賞するか?という所でしょう。

さて、どうなりますか?

ファイナルと合わせ発表が楽しみです。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

トップへ戻る