NBA ファイナル 第5戦

先日、NBAファイナル第5戦がトロントで行われました。

自分が好きなゴールデンステートは1勝3敗の崖っぷちで負けてしまうと終了。

しかもアウェーでの試合という事と怪我人続出(デュラント足・クレイ足・ルーニー肩・イグダラ足・ステフ手等)という事でかなり不利があります。

しかし、その怪我をしていたデュラントがこの試合で復帰して出場するという事で、正直、これで3連勝して逆転優勝ができる可能性が高い!と思っていましたが、悪夢は2Qにおきてしまいました。

なんと切り込もうとした際右足を踏ん張って、アキレス腱付近を痛がっているではありませんか!

心の中で「おいおいおいおい!」

と呟いて、血の気が引いたのを覚えています。

 

本日結果が出たようで、いろいろ言われていたみたいですが、結局の所【アキレス腱断裂】という事でした。

※現在手術葉 は成功して安静にしているとツイッターに上がっていましたね。

非常に残念・無念です・・・。

言葉がありません。

この嫌な感じは試合に響かなければいいんだけど・・・。と思っていたらやっぱりガタっときましたね。

カズンズのゴールテンディングに疑惑のオフェンスのゴールテンディング。

(カズンズが出ている時はオフェンスが機能していない場合が多いようです。試合中でもグリーンがかなり怒っています。)

8秒オーバータイムになりそうと何回も思っていたら案の定それに近いカリーからのパスでのグリーンのバックコートバイオレーション。

挙句の果てにはレナードの連続得点での逆転劇。

(敵ながら凄すぎると思いました。)

ゴールデンステートは切羽詰まった時にアタフタしてしまう面が6年ぐらい前はありましたが、優勝後少し変わったかな(KDが入ってからは格段に良くなった)と思っていましたが、この試合でも凡ミスの連発で心臓に悪かったです。

しかし、この日はステフ・クレイの最終的な3Pのおかげで再逆転をし、最後のレナードのドライブを一瞬のちょっとした動きでイグダラが封じパスをさせ、その流れがオープンのラウリーに行き(一瞬ヤバと思いましたが、そこは一皮むけないイップスラウリーでした)リングにも当たらないシュートとなり、なんとか逃げ切りに成功しました。

心の中で思わず「よっしゃあ!」と叫び手はジノビリ並みのガッツポーズをしていました。

 

激戦でしたね。

過去見ていたプレイオフでは怪我を押して出場して活躍したスーパースターはいましたが、悪化して絶望となった選手はあまり見た事がありません。

なんとそれが今回のファイナルで起こってしまうとは・・・。

KDが怪我をして瞬間、喜んで手を振っていたトロントファンがいたようで、そのファンをラプターズの選手が鎮まるようジェスチャーをしていました。(何人かの選手はKDの元に駆け寄っていました)

あの一瞬でその様な対応ができるトロントの選手はとても素晴らしいと思います。

※外国人特融の物でしょうか?日本人はなかなかこのような行動(特に敵の選手の元に駆け寄ってあげる)という事はあまり見たことがありません。

 

これからの問題はKD抜き、しかも怪我人多数の状態で後2戦勝つ事ができるのか?という事になります。

明日の試合ではフォームでの対戦になるので少しは有利になりそうですが、この危機的状況をどう打開できるのか?という所になりそうです。

何度も書きますがKDの怪我という事で、全メンバーが奮起してくれる事を期待し、今回の所見と致します。

今回は以上となります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

トップへ戻る