地元での発達検診と謎の咳について

先日地元での発達検診がありました。

今回はその時の事を書いていきたいと思います。

 

6月頃に生まれた病院での発達検診がありました。

その結果を元にし、地元での検診に行った訳ですが、まず、長男は言葉の発音以外は順調で、大体年齢相応か、若干低いぐらいの結果のようでした。

コメント欄に理解はできていない部分はあるが、努力しようとする姿勢があった等、前向きにとらえていけるコメントがあり、親としては少し嬉しい気持ちになりました。

 

次男について、コメント内容は長男と似た感じでしたが、理解度等全て含めて半年ぐらい遅れているような感じでした

そんなに差があるとは少し驚きましたが、集中力に欠ける部分が彼にはあるので、テストもあまり真面目に受けれていなかったのではないかなと思います。

体力的な物については次男の方がかなり上を行くので、頭の発達も向上してくれれば良いなと思います。

※この日は長男が自分・次男を妻が担当しました。

 

ちなみに先日書きました、くみくみスロープちいさなおうちの絵本を購入しました。



ちいさいおうちの絵本はまだ早いかな?と思いつつ見せていません。
くみくみスロープ、これが思った以上の食いつきで、特に長男はくぎ付けです
ほっておいたら1時間以上一人で遊んでいるかもしれません
たまに次男が入って来てコツコツしたテンションでは無くなってしまい、見ていて「あ~あ~始まったよ・・・。」と思う事がありますが、4歳ぐらいの子供にはとても良い遊び道具のようです。
まだ、組み立てる事がしっかりできませんが、指先をしっかり使い、頭脳の成長も促せていければ良いなと思っています。
※くみくみスロープは購入してよかったと思います。非常におススメですよ。
検査の話になりますが、この日の次男は最悪で、診察室内に興味を持って動き回ってしまいます。
看護師の方が優しく止めてくれますが、それに味をしめたのか、ニヤニヤしながらヨーイドン!のような感じで看護師の方めがけて抱きついて行ったりしていました。
本当勘弁してくれと思いますが、それにつられて長男も調子に乗ってしまい収集がつかない・・・。
診察終了ぐらいまで、動き回っていました・・・。
疲れる・・・。
話は変わり以前から書いていた次男の謎の咳について。
一応この日の検診で見てもらう事にしていました。
花粉やダニ等のアレルギーなのか?
猫に近寄っていたら咳をしていたので、猫アレルギーなのか?
はたまた、ただの風邪等による咳なのか?
一応血液検査をしてもらうつもりでしたが、なんと数日前におそらく、これであろうという証拠のような物ができました・・・。
なんと犬アレルギーです・・・。
先日室内で飼っているペットの犬が次男の顔をペロっと舐めてしまいました。
すぐに水で洗い流しましたが、数分後舐められた所が軽い水膨れのような感じに腫れあがってしまいました。
これはまずいかも?と思いましたが、1時間ぐらいで元通りに戻りました。
これは犬アレルギーかも?と妻が言っており、(犬のアレルギーがある事を初めて知りました。猫だけではないのですね)1時間ぐらいで腫れが引いた事からそれが確信となりました。
血液検査結果は2週間後ぐらいになっているので、それでどうなのか判断が付きます。
ちなみにアレルギー用の薬を貰い、昨日飲みましたが、翌日咳き込む事は、ほとんどありませんでした。
やっぱりそのような気がします。
次回その辺の詳細を書き込んでいきますね。

今回は以上となります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

トップへ戻る