2019.10月現在 おススメNBA視聴方法【Amazon fire TV stick】

昨日からアメリカのプロバスケットボールNBAの2019-2020シーズンが開幕しました。

現在、日本でのNBAの視聴方法は楽天NBA1択となっています。

(過去には数年前にはBS・wowow・昨年まではリーグパス等ありましたが、今シーズンから日本での視聴方法は楽天NBAのみとなっております。)

そこで、楽天NBAを快適に簡単に視聴する方法を書いていきます。知らなかった人の参考になれば幸いです。

今年から以下のようになりました。

<推奨デバイス>
iOS 11.0以上
Android 5.0以上 (GooglePlay対応端末)
PC (Windows7/8.1/10) (Mac10.11~)
Chromecast
Fire TV (Stick 4K, Stick 第2世代, 第3世代, 第2世代)
PlayStation®4(*2019年10月3日リリース予定)

<非対応デバイス>
以下デバイスは、現在、非対応デバイスとなっており再生できない。開始時期は未定。
ブラビア (ソニー) 2013年、2014年モデル
ビエラ (パナソニック) 2014年モデル
Android TV 2015年以降モデル ※1
Apple TV ※2

※1 Android TVに内臓されているChromecastにて再生可能。
※2 AirPlayで再生可能ながら、映像が乱れる場合あり。

 

昨年にはなかった、Amazon fire TV stickが含まれています。

fire TV stickでの事を少し書いていきます。

スポンサーリンク

視聴方法おススメ

Amazon Fire TV Stick



私がおススメするのはこちらです。(価格も手頃な4,980円)

今シーズンから対応となっており、Wi-Fi環境がある方で、テレビでの視聴を行うならこれが一番おススメです。

4K対応の品物もあります。

こちら


少し価格は上がりますが6,980円

こちらの機材をHDMI差し込み部に差し込み、Wi-Fi設定を行い、楽天NBAを契約すると即NBAの視聴が可能です。

自分の家はAmazonプライム会員とネットフリックスも契約していますが、プライム会員の無料動画はあまり見ておらず、子供のYouTube視聴やネットフリックスがメインとなっています。

NBAが開幕したので、そのうち契約して見ることになると思いますが、簡単に見れるのは非常に良いですね。

※Amazonプライム会員の動画は一部有料になります。プライム会員に加入していなくても、fire TV stickは購入が可能です。

購入後、楽天NBAのみ視聴したい場合についても、プレイム会員の無駄な月額料金を支払いせずに(楽天NBAの月会費のみ)視聴が可能です。

 

月額料金について

Amazon fire TV stickの利用については月額料金はかかりません。

しかも、テレビでYouTubeや無料の動画・abemaTV等も視聴が可能です。

NBAのみが見たい場合については楽天NBAの所定の月額料金が必要です。

 

ベーシックパス

基本の契約はこちらになると思います。

日本人選手・スター選手が所属する人気チームの試合を中心に楽天NBAが選ぶ注目試合が見放題。

1週間荷役9試合を放送との事。

月額約1,000円

年間契約7,700円

 

リーグパス

こちらはかなりのNBA好きなヘビーユーザー向けです。

全30チームの全試合とレジェンドの試合やスター選手のドキュメンタリーも放送し、24時間放送のNBATVも見放題となっています。

月額2,640円

年間契約19,800円(たっか!)

年間契約は初回のみ9,900円となるようです。

※こちらも良いのですが、何気に全試合を見る事は不可能なので、ベーシックパスが無難かと思います。

 

個人的に、オールスター前まではハイライト動画ぐらいしか見れない環境で我慢しつつ、オールスター前にベーシックパスを契約したいと思っています。

昨年もオールスター前に契約し、プレイオフが終了時点で解約しました。

ちなみに契約していなくても、無料動画で【俺たちのNBA】や【DAILY9】という毎日行われる30分ぐらいの番組も視聴ができるので、今後も無料視聴できるなら我慢ができる範囲です。

(2019年10月24日現在で、今後見れるかは不明)

以上が昨年までは利用ができなかったAmazon fire TV stickでの視聴の説明となります。

これからNBAを見ようとしている方、又はテレビで簡単に視聴したいと思っていた方には特におススメです!

※iPadやスマホでも視聴できますからね。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

 

コメント

トップへ戻る