NBA 2019-2020シーズン チーム考察 イースト 【アトランティックディビジョン】

NBAシーズン開幕という事で、各ディビジョンのチーム考察をしてみたいと思います。

完全に独断+怪我がなければという事で考えていますので、それを考慮の上お読みください。

 

スポンサーリンク

アトランティックディビジョン

フィラデルフィア セブンティシクサーズ

先日も書きましたが、個人的にイースト1位・プレイオフにてイースト優勝という予想です

バトラー・レディックが抜けたのは痛いですが、ディフェンスの良いホーフォードを獲得しました。

これでシモンズ・リチャードソン・ハリス・ホーフォード・エンビードと強力なメンバー+高身長揃いのラインアップ。

数年前には考えられないメンバーとなりましたね。

ベンチメンバーが手薄なので、そこが気がかりですが、よほどの事がない限り、カンファレンスファイナルまでは行けるでしょう

※昨シーズンの屈辱(いつもふてぶてしい感じですが、調子のよい時に限っては凄い笑顔のエンビード。プレイオフ第7戦でトロントに敗れ号泣していた屈辱)をバネにし結果を残してくれる事と思います。

トロント ラプターズ

昨年の優勝チームです

レナードが抜けてしまったので、優勝は無理でしょう

シアカムと延長契約を早々に結び、どうなんだ?と思っていたら、開幕戦で大爆発!

いきなり34得点18リバウンド。

マジか!という感じですが、これが安定して続くのかどうか?

元々はGリーグでMVPを取ったりと這い上がってきた選手のようなので、今のモチベーションは高いとは思いますが、なんとなくショーン・ケンプ臭がするんですよね。

(大型契約後はさっぱりと言う感じ)

プレイオフへは行けるとは思います。

ボストン セルティックス

ボストンはどうでしょうか?

個人的にカイリーの抜けた穴をケンバで埋めた事により大成功の様な気がします

カイリーでは勝てていない(レブロンがいたから優勝できただけ)という考えが主です。

ケンバはドアマットチームにいたので、勝てるチーム(プレイオフはほぼ行ける)に移籍した事により、かなりモチベーションが向上している事だと思います。

ホーフォードの穴は大きいですが、ケンバ・ブラウン・ヘイワード・テイタム・スマート・カンター・タッコフォール(2ウエイですが)等、癖のあるメンバーが揃っています。

プレイオフは確定で、うまくいけばカンファレンスセミファイナル以上はいけるでしょう

※個人的に注目しているのが、ルーキーのカーセン・エドワーズ。彼の得点能力(特に3P)は必見です。

出場機会に恵まれれば、見ていて損はないと思いますよ。

ブルックリン ネッツ

主としてはカイリー・KDDJが入り、ラッセルが抜けました

ポイントガードはラッセルでも良かったような気がしますが、人気テクニックで考えればこの3人が揃ったら恐ろしい事になりそうです。

ただ、それは揃ったらという事で今シーズンについては昨年以上の成績を残せるのかどうか?疑問です。

個人的に昨年より成績を落としはしますが、なんとかプレイオフに出れたぐらいのラインかと思います

昨シーズンのプレイオフは若干興奮しましたが、昨シーズンのようにはいかないでしょう。

ニューヨーク ニックス

今年も良い話は聞かないでしょうね。

個人的にチームとしては2番目に好きなチームなのですが、オーナーが〇ソすぎる。

良い話の一つとしてはRJバレットの成長がどうなるか?

PGとして起用されるみたいですが、再建中のチームなのでスタッツを稼げればルーキーオブザイヤーも期待できそうです。(ザイオンは開幕から怪我の為欠場する為)

昨シーズンのルーキーケビン・ノックスに期待していましたが、ポジション丸被りのメンバーが多いので出場機会にも恵まれそうにありません。

今年もプレイオフは無理かな・・・。

 

以上が個人見解となります。

イーストではこのディビジョンが上位を占めると思います。

ニューヨーク以外はプレイオフへ行けるかな?

今回は以上となります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

トップへ戻る