保育園 音楽発表会 

先週は保育園の音楽発表会でした。

うちの子供は前の週ぐらいから原因不明の体調不良(長男は40度を越える高熱・次男は嘔吐)になりましたが、インフルエンザではなく、何とか発表会の前日には調子良くなっていました。

さて、発表会についてですが、何週間か前からおそらく発表会で歌う歌を歌ったり、音階を歌ったりしていたので、おそらくこれだろうというのは分かっていたのですが、確信は持てていませんでした。

先生によると、次男は太鼓のリズム(休むリズムなんかも理解していたとか)の取り方を理解しているとか言われていたようですが、こちらもどうなったでしょうか?

 

早速書いていきます。

家の子供は年少なので、まずは年中・年長児の合唱から始まります。(劇の様な感じで進みます)

比較的長い(約10分ぐらい)時間でしたが、よく子供が歌ったり動いたりしており、この年齢でよく覚えているなあと思いました。

2年前に同じクラスにいた落ち着きのない子供や、よく泣いていた子供なんかもみんなと合わせて歌ったり踊ったりしています。

他所の子供ですが、成長している姿にびっくりしますね。

 

そんなこんなで家の子供達の出番に・・・。

クラスが別なのですが、年少児は同じ曲一緒にを歌います。

長男が右端・次男が左端と動画撮影には少し困る位置になってしまいました。

幕が開いた時には二人ともすぐに自分や妻に気づいて、長男は手を振ったり、次男は恥ずかしい時によくするモジモジとした表情に

歌が始まると、二人とも元気よくという感じではありませんが、照れ臭そうに歌っていたのが印象的でした

※特に次男の多動性が気になっていたのですが、園ではそれなりに大人しくしているようで一安心。

無事、合唱は終了し、次は合奏となります。

 

この後、年長・年中の合唱があり、その後年少児の合奏となりました。

家の子供は太鼓をするのかな?音階を歌ったりしていたので違う楽器かな?

と思っていたのですが、幕が開くとなんと2人共にトライアングルでした・・・

しかも二人横に並んで・・・。

あれ?と思いましたが、もしかしたらリズムの取り方というのはトライアングルを打つ時のタイミングの事だったのかもしれません。

先生がエレクトーンを弾いて他の子供が小太鼓・大太鼓・カスタネット・木琴・シンバル等を使っている中、トライアングルをリズム良く鳴らしている2人の姿(トライアングル約は4人いました)。

微妙にリズムがとれていないようでしたが、年少ならこんなもんかな?と思いつつ、スタンドを使用できないので両手で固定し、少し疲れながらも動画撮影をしていきます。

後から聞いた話では、長男は太鼓を練習していたのですが、どこかのタイミングでトライアングルをやりたくなってぐずってしまったのだとか・・・

うーん。個人的には太鼓で頑張ってほしかったのが本音ですが、長男はぐずると手が付けられない感じで回復させるのが難しいので仕方ないかな・・・。と思います。

※本当にひどい時には、あの次男が軽く引き気味になっています。

できれば二人違う楽器をして欲しかったのですが、多分、長男は次男と同じ物が良かったのでしょう

 

無事、発表会は終了し、家族で外食をすることに

保育園のイベント後は外食が恒例になりつつあります。

頑張ったご褒美という事で、数日前に購入していたミニカーより少し大き目の車をプレゼント。

しかも、同じ保育園の子供達も何人か同じ所で食べに来ており、二人のテンションはマックスに!

良く食べ、ご機嫌で帰宅し、ぐっすり昼寝もできたようで、思い出に残る一日となりました。

 

さて、年内はこれで更新が止まるかもしれません。

年明けはできるようであれば、購入した2020年福袋の開封画像を掲載してみたいと思います。

では、少し早いですが、良いお年を!

コメント

トップへ戻る